幸せの白梟猫

月光流砂らくだ行 

流砂浄土変

平山 郁夫(ひらやま いくお、1930年-2009年 ) 日本画家。東京藝術大学前学長(1989〜1995、2001〜2005)。日本美術院理事長。文化勲章受賞。 仏教をテーマとした作品が特に有名。 瀬戸内海の生口島生れ。1945年、動員先の広島陸軍兵器支廠で被爆。 東京美術学校(現東京芸術大学)日本画料で学び、前田青邨に師事。 卒業後、同校助手となり、助教授、教授を経て、学長に就任。 ユネスコ親善大使、アンコールワットの修復活動、中東の文化財保護などの社会活動を実施。

 

arrow略歴

 

1930年 広島県尾道市に生れる。

1947年 東京美術学校(現東京芸術大学)入学。

1952年 東京美術学校日本画料卒業。

1953年 第38回院展に『家路』が初入選。

1959年 第44回院展に「仏教伝来」が入選。

1989年 東京芸術大学学長就任。

1998年 文化勲章受賞。

2000年 奈良・薬師寺玄奘三蔵院「大唐西域壁画」完成。

2009年 逝去。