プロフィール

生田 宏司(いくた こうじ、1953- )。日本を代表するメゾチント技法による銅版画家の一人。 多摩美術大学卒業。東北芸術工科大学講師(1994~2002)。上野泰明、加山又造、堀文子に師事。アメリカ、ブラジル、フランス等で受賞経歴あり、国際的に活躍。 ギャラリー伸では1992年より5月のゴールデンウィーク中に毎年新作版画展を開催している。「ふくろう」、「猫」、「花」をテーマとした作品が特に人気がある。

作品一覧(2005-2020)

生田宏司作品をランダムに表示しています。リンク先で2005-2020年の250点以上の作品がご覧頂けます。

ヤフオク!ストアで一部の生田宏司作品を販売しております。ストアに無い作品についてはお問い合わせ下さい。

作家インタビュー

生田宏司先生にインタビュー致しました。

「(ふくろうは)人間の内面表現が出来るというところが魅力だなと思って、いつの間にか続いて、100何十点も作ってます。まあ、僕の化身ですね。」

インタビュー
生田宏司先生インタビュー

略歴

1953山形県鶴岡市生まれ
1976多摩美術大学絵画科日本画専攻卒(上野泰明、加山又造、堀文子に師事)
1976第7回版画グランプリ(日動サロン/銀座)に出品、入選
1977第45回日本版画協会展(東京都美術館)に初入選
1978千葉県立市川高等学校教諭となる
1982 千葉サンケイ現代洋画展(佳作賞)
1982イビザグラフィック国際ビエンナーレ展(スペイン・イビザ)に出品、入選
1987ブラジル・カンピナス国際版画ビエンナーレ賞(最優秀賞)
1989スペイン・カダケス国際小版画展(最高賞)
1989千葉市立稲毛高等学校教諭となる
1990ウクライナ・インタープリント国際現代版画展(名誉メダル賞)
1992~ギャラリー伸にて毎年個展開催
1992作家活動に専念する為、千葉市立稲毛高等学校教諭を退職
1993アメリカ・第7回国際ミニアチュール版画展(佳作賞)
1994東北芸術工科大学非常勤講師となる
1995アメリカ・ワシントンDCササガワ平和財団USAギャラリー個展
1998フィンランド・国際ミニプリント展
2001フランス・ゴルツ美術館個展
2003フランス・フォルバック市・メディアテルクギャラリー個展
2004山形・致動博物館個展
2005フランス・パルクオリエンタル・モレヴェリアにて個展
2006フランス・メッス近郊とメッス(フランス)にて個展
2007フランス・ストラスブール ジャパンフェスティバル「花」個展
2011ポーランド・第23回国際蔵書票版画ビエンナーレ展(名誉メダル賞)
2012フランス・ロレーヌ国際版画ビエンナーレ展を開催
2013福島県喜多方市美術館にて個展開催・図録刊行
2015フランス・パリ・サンシュルピス広場「版画の日」にて個展開催
2016フランス・バルビゾンにてインプレション・版画展に招待出品 

パブリックコレクション

  • スミソニアン博物館アーサー・M・サックラーギャラリー(米国)
  • ロサンジェルスカウンティー博物館(米国)
  • ロバーソン芸術科学センター(米国)
  • ドビーニー美術館(フランス)
  • ティコチン美術館(イスラエル)
  • 行政院文化建設委員会(台湾)
  • 現代版画美術館(ノルウェー)
  • クラコフ国立美術館(ポーランド)
  • 千葉県立美術館
  • 佐倉市美術館
  • 米国議会図書館他、多数

お気軽にお問い合わせください。0467-24-4081受付時間 10:00-18:00 [火曜日定休]

お問い合わせ