プロフィール

小泉 淳作(こいずみ じゅんさく、1924-2012 ) 。日本画家。鎌倉に生まれる。フランス文学に憧れ慶應義塾大学仏文学科に進むも、安岡章太郎に出会い文学の道では大成出来ないと思い、画家を目指す。東京美術学校(現東京芸大)へ入学し、日本画を山本岳人に師事。戦時中、召集され、結核を患う。 戦後、復学し卒業。デザイナーの職につく。1962年頃、陶芸製作を始め、作品展開催。1974年にデザイナーの職を辞し、画家としての本格的な活動を始める。2002年、鎌倉五山・建長寺法堂に10×12mの大作「雲龍図」奉納。京都五山・建仁寺「双龍図」奉納。2010年、奈良、東大寺の56面の本坊襖(ふすま)絵奉納。2012年、87歳で逝去。

取扱作品

ヤフオク!ストアで小泉淳作作品販売中です。

略歴

1924神奈川県鎌倉市に生れ
1943慶應義塾大学中退、東京美術学校(現東京芸大)入学
1943陸軍予備士官学校応召
1945結核により帰郷
1948闘病生活を追え、東京美術学校日本画科復学
1952東京美術学校日本画科卒業、山本丘人に師事
1954第18回新制作展に初入選「花火」
1963陶芸を手掛け始める
1969京橋中央公論画廊にて初個展開催
1977第4回山種美術館賞展優秀賞受賞「奥伊豆風景」
1978朝日ジャーナル連載小説辻邦夫「樹の声海の声」の挿絵執筆(1981まで)
1988「アトリエからの眺め」(築地書館)刊行
1990「小泉淳作画集」(求龍堂)刊行
1993日本経済新聞連載古井由吉・辻邦夫「こころ」 挿絵執筆
1995日本経済新聞日曜版連載安岡章太郎「ひかりの中」挿絵執筆
1998「アトリエの窓から」(講談社)刊行
1999東京・浄土宗大本山増上寺天井絵「泰山木」制作
2000鎌倉・建長寺法塔天井画「雲龍図」完成
2001第50回神奈川文化賞受賞
2001読売新聞連載坂上弘「近くて遠い旅」挿絵執筆
2002京都建仁寺「双龍図」の開眼法要
2002鎌倉建長寺「雲龍図」の開眼法要
2002北海道中札内村小泉淳作美術館開館
2002「小泉淳作作品集」(講談社)刊行
2006奈良・東大寺「聖武天皇・光明皇后御影」奉納
2008「随想」(文芸春秋)刊行
2010奈良・東大寺本坊の襖絵全40面完成奉納
2011日本経済新聞にて「私の履歴書」執筆
2012肺炎のため逝去。享年87才
2012「我れの名はシイラカンス 三億年を生きるものなり 私の履歴書」刊行

お気軽にお問い合わせください。0467-24-4081受付時間 10:00-18:00 [火曜日定休]

お問い合わせ