生田宏司オンライン展覧会を開催中!第5回猫、猫とふくろうをテーマとした作品

新型コロナウイルスの影響で毎年ゴールデンウィークに開催している生田宏司作品展は延期になりました。新作展を開催出来るまでの間、オンライン展覧会を実施しています。

第5回は2020年の新作2点を本邦初公開。その他、猫、猫とふくろうを題材とした作品を合計11点紹介します。

全ての作品はギャラリー伸で購入できます。お問い合わせからご連絡お願いします。一部の作品はヤフオク!ストアで購入できます。

最初に2020年新作「Shadow・II」と「天の川・III」を紹介します。

Shadow・II

作品名Shadow・II
制作年2020
画面サイズ210x130mm(変形)
額付価格31,900

振り返る猫と影。変形の銅版を使った作品です。

天の川・III

作品名天の川・III
制作年2020
画面サイズ165×250mm
額付価格¥41,800

こちらも2020年の新作です。天の川をバックに何かを見つめる猫。表情が印象的です。

結婚

結婚
作品名結婚
制作年2001
画面サイズ280x480mm
額付価格¥60,500

猫頭鷹は中国語でフクロウのこと。マオトーインと発音します。そのことを知ってあらためて考えると猫とフクロウは良く似ていることに気が付きます。夜行性で、ねずみを狩り、群れをなさずに媚びない性格、顔まで似ています。1998年頃からいたずらに猫とフクロウを組み合わせた作品をシリーズ化して今日まで続けています。フランスで美味しいワインと絶妙に合う食材のことをマリアージュ(結婚)といったりするようですが、このタイトルが自然に出てきました。あとで知るのですがイギリスの詩人エドワード・リアの詩(1871年)で猫とフクロウの結婚のおはなしを書いています。フランス語でもフクロウのことを猫鳥ともいうようですから意外な組み合わせではないようです。 

ー生田宏司銅版画展図録(2013年、喜多方市美術館)

Shadow

Shadow
作品名Shadow
制作年2019
画面サイズ130×225mm
額付価格¥30,000

2019年の作品、Shadow。シックな雰囲気の作品です。

猫鳥幻想・Ⅱ

作品名猫鳥幻想・Ⅱ
制作年2006
画面サイズ130×130mm
額付価格¥33,000

猫とふくろう。猫の一部はふくろう。コノハズクでしょうか。やはり似ていますね。

猫と夜猫子

作品名猫と夜猫子
制作年2015
画面サイズ85×145mm
額付価格¥21,000

猫とじゃれあうふくろう。愛らしい表情が印象的な作品です。こちらの作品はヤフオク!ストアで販売中です。

白福老猫図・Ⅱ

作品名白福老猫図・Ⅱ
制作年2010
画面サイズ120×210mm
額付価格¥29,000

猫と寄り添うふくろうの作品をもう一枚。

夢
作品名
制作年2008
画面サイズ変形
額付価格¥19,000

猫が3匹にふくろうが2匹。可愛らしい作品です。

鏡・Ⅸ

作品名鏡・Ⅸ
制作年2017
画面サイズ210×130mm
額付価格¥29,000

鏡を見つめるふくろうの内面は猫?鏡シリーズの中の1作です。

鏡・VI

作品名鏡・VI
制作年2009
画面サイズ210×120mm
額付価格¥29,000

鏡シリーズからもう1枚。

2020子歳記念

作品名2020子歳記念
制作年2020
画面サイズ変形
額付価格¥19,000

最後に人気の干支シリーズの2020年の作品。ネズミといえば猫ですが、仲良く見つめあっています。

ご覧いただきありがとうございました。一部の作品はヤフオク!ストアで販売しておりますが、他の作品の購入はお問い合わせからお願いします。

また、ギャラリー伸のホームページでは生田宏司作品を250点以上紹介しています。こちらからご覧下さい。