幸せの白梟猫

泰山木 

シーラカンス

小泉 淳作(こいずみ じゅんさく、1924年-2012年 ) 。日本画家。鎌倉に生まれる。フランス文学に憧れ慶應義塾大学仏文学科に進むも、安岡章太郎に出会い文学の道では大成出来ないと思い、画家を目指す。東京美術学校(現東京芸大)へ入学し、日本画を山本岳人に師事。戦時中、召集され、結核を患う。 戦後、復学し卒業。デザイナーの職につく。1962年頃、陶芸製作を始め、作品展開催。1974年にデザイナーの職を辞し、画家としての本格的な活動を始める。2000年に鎌倉五山・建長寺法堂「雲龍図」奉納。2002年に京都五山・建仁寺「双龍図」奉納。2010年に奈良、東大寺の56面の本坊襖(ふすま)絵奉納。

 

arrow略歴

 

1924年 神奈川県鎌倉市に生れる。
1943年 慶應義塾大学中退、東京美術学校(現東京芸大)入学

1952年 東京美術学校日本画科卒業。

1977年 第4回山種美術館賞展優秀賞受賞。

1993年 日本経済新聞連載「こころ」 挿絵執筆。

2001年 第50回神奈川文化賞受賞。

2000年 鎌倉・建長寺法堂天井画「雲龍図」完成。

2002年 京都・建仁寺法堂天井画「双龍図」完成。

2010年 奈良・東大寺本坊襖絵完成。

2012年 逝去。

 

 

 

 

雲龍図(鎌倉・建長寺法堂天井画)