バラを持つ少女

 

三美神

三美神

藤田 嗣治(ふじた つぐはる、1886年-1968年 ) 画家、彫刻家。東京美術学校卒業後フランスに渡り、モディリアニらエコール・ド・パリの画家達と交流し、フランスで有名になる。「乳白色の肌」をもつ裸婦像で注目され、パリの寵児となる。その後、中南米を回り、日本に帰国。二科会等で活躍し、第二次世界中は戦争画も作成。戦後、日本画壇と決別し、フランスに戻る。やがて帰化し、再び日本の土を踏むことなく、晩年は子供を題材とした絵や宗教画を中心に作成。1968年、 スイス、チューリッヒの病院で死去。享年81歳。日本政府より勲一等瑞宝章を追贈される。今でも、フランスでもっとも有名な日本人画家である。

 

arrow略歴

 

1886年 東京に生れる。

1910年 東京美術学校西洋画科を卒業。

1913年 渡仏。

1917年 パリ・シェロン画廊で初の個展。

1921年 サロン・ドートンヌの審査員に挙げられる。

1925年 レジオン・ド・ヌール五等勲章を贈られる。

1929年 帰国。東京朝日新聞社屋、日本橋三越で個展開催。

1930年 パリに帰る。ニューヨークに滞在し個展開催。

1931年 ブラジルへ旅立ち、中南米を廻る。

1933年 帰国。

1934年 二科会会員に推挙される。

1939年 再び渡欧。

1940年 戦火のパリから帰国。

1943年 朝日文化賞受賞。

1943年 再び渡仏

1955年 フランス国籍を取得。

1959年 カトリックの洗礼を受ける。洗礼名レオナール。  

1966年 自ら全てを設計したノートルダム・ド・ラ・ペ・フジタ礼拝堂を建設。

1968年 逝去。日本政府より勲一等瑞宝章を追贈。

2006年 東京国立近代美術館他、全国各地で展覧会開催。

 

 


猫